海外旅行

冬にトロムソでオーロラを見にいくときにおすすめの服装

オーロラを見るためにトロムソに行くときって、どんな服装をしたらいいんだろう??😥

そんな風に不安になりながらも何とか準備をして、冬の時期・1月に3日間トロムソで過ごしてきました。

今回はわたしが実際に着ていた服装と後悔したポイントを書きました✍️

ツアーによっては防寒着や防寒具を貸し出してくれるところもありますので、もし手ぶらで行きたい!という人はツアーの詳細をチェックしてみましょう👌

 

ロングダウン・ユニクロのライトダウン・防寒ズボン・手袋

わたしはロングダウンの下にユニクロのライトダウン(写真右上)を着ていました。

ユニクロのライトダウンはコンパクトにしまって持っていけるし、おすすめです!

また、写真左側のズボンがとっても優秀で助かりました!

一見普通のズボンなんですが、こんな風に2重になっているのです。

内側はこんな風にブーツの中に入れて・・


外側はブーツの上に被せるように履きます。

ちなみに裾の部分はちゃんと止められるようになっているので、足が長い人にもわたしのように短い人でも自分にあった長さに調節できます。

二重になっていなくても、裏起毛があるものを選ぶとあったかくていいですね。

手袋はしっかりした素材&スマホも触れる仕様のものだと外でもスマホが触れて便利です。

首元を守ればあったかい!タートルネック

首元が寒いと寒さを感じやすいので、ユニクロのタートルネックの服を着ていきましたが、厚手の方が安心ですね!

タートルネックの上にはパーカーも着ていました。

絶対欠かせない?!ヒートテック

わたしはヒートテックを着て行ったのですが、行ってみてヒートテックよりもスポーツウェアのミズノが出しているブレスサーモの方が良いなと思いました。

街歩きをするときや外に出るときは寒いのですが、ミニバスに7時間乗ってオーロラを探していたときに、バスの中がすごく暑くて、ユニクロのヒートテックだとイマイチ温度調節が出来ず、気持ち悪くなってしまったんです・・😱

また、車の中で汗をかいたのに外に出たら寒いのですが、ヒートテックってそういうときの温度調節が苦手なんですよね💦

ジョギングなどのスポーツをする機会があるのであれば、ブレスサーモは普段の生活でも使いやすいし持っておいて損はないはず!

足元を守るあったかいブーツ

わたしは普通に街歩きをするときのためにUGGの膝下まであるブーツを履いていきました。

パリのスポーツ用品店・デカトロンで雪山でも大丈夫なブーツを買っていったので全然滑らずに歩くことができました。


裏側はこんな感じになっています。

似てるものがないか色々探してみたんですが、こちらだと雪の上を歩いても滑りにくくて良いですね!

あと絶対に冷え性の人は靴用のカイロを持っていきましょう!

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥611
(2020/04/08 01:59:40時点 Amazon調べ-詳細)

絶対必要!マフラー・カイロ・ネックウォーマー


買う予定はなかったけど、買って行って良かった!と思ったのがネックウォーマー。

ネックウォーマー,メンズ レディース 秋冬 3Way多機能 ニット帽子 裏側ふわふわ起毛 ビーニー ニットキャップ ネック ゲーター 通勤 通学 自転車 スキー バイク 男女兼用 (ダークグレー)
Jozzken

また、マフラーはファーがついているあたたかいものをしていましたが、さらにネックウォーマーで防寒していました。

カイロはお腹や腰に貼っていたので、上半身は常にあたたかかったです。

さいごに

これだけ防寒をしていったこともあって、トロムソ滞在中は天気が曇りがちだったり、吹雪が吹いたときもありましたが快適に過ごすことができました。

みなさんもトロムソへ行かれる際はぜひ完全防備で向かってくださいね!

楽しいトロムソ滞在になりますように〜!

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
京都府福知山市出身のクラリネット奏者。作曲家。プロデューサー。パリでの3年間の生活を終え、福知山・大阪・東京を拠点に活動中。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
PICK UP!