パトリック・メッシーナ氏の参加するトリオCDリリースコンサートへ

パトリック・メッシーナ氏の参加するトリオCDのリリースコンサートを聴きにSale cortotへ行ってきました。

トリオCDの演奏動画

CDの音源がクランポンのFBページに上がっていたのでシェアしますね。

トリオCDの収録曲

クラリネット、チェロ、ピアノのトリオで録音されたこのCDアルバムの収録曲と今日の演奏曲は下記のとおり。

・カレイドスコープエチュード/ヤーン・ラーツ(Jaan Rääts)

この曲は世界初録音の曲だそう。

ちなみにヤーン・ラーツの曲を聴いたのは今回が初めてでしたが、YouTubeで色々おもしろい音源を見つけたのでワクワクしてます。

・モーツァルト-Adagio/アルヴォ・ペルト(Arvo Pärt)

この曲は本来バイオリン、チェロ、ピアノのための曲のようですが、バイオリパートをクラリネットで演奏されたようです。

・レチタティーヴォとアリオーゾ「ヒバリの音楽」作品53/ヘンリク・グレツキ

今回のコンサートのすごいところ

このコンサート、何と無料でした。

1時間弱のコンサートを無料で聴けてるだけでもとっても贅沢なのに、さらに終演後にドリンクとフィンガーフードをたのしむことが出来るようになってました。

無料で聴けたし、じゃあCDを買おう!という流れが出来るのかな?と思ってたんですが、終演後はもちろんCDを購入している人もいましたが、普通にお酒を楽しんでいる人もたくさん。

ホール料や出演者へのギャラなど、普通なら赤字になるだろうけど、このコンサートを開催することでクランポンから発売された新しいCDをより多くの人に知ってもらおうという作戦なのかなぁ。

このコンサートの仕組みを知りたくなりました。

ちなみに、わたしは白ワインをいただきました^^

フランス人はお喋り好き。たくさんの人がロビーでお酒を飲みながら話していました。

まとめ

パトリック・メッシーナ氏にはレッスンをみていただいているのですが、毎回その豊かなサウンドと豊富な引き出しに驚かされます。

難しいパッセージもなんなく演奏してしまう。。

実は土曜日から3日連続で彼の音楽を聴きましたが、何度聴いても魅了される憧れのサウンドです。

彼には7月末にニースで行われる夏期国際アカデミーでもお世話になるのですが、今からとっても楽しみです。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事