今使っているリードと私流のクラリネットリードの育て方

今日はリードの育て方についてブログで伝えられる範囲のことをお伝えしたいと思います。

今回こんな質問をいただきました。

吉田さんのリードを開けてからどうリードを育てていくかの細かな詳細を出来たら写真付きで載せてもらえたら嬉しいです!

写真つきというところがポイントですね。

それではさっそくいってみましょうー!


スポンサーリンク

育て方とはなんぞや???

昔は『育て方』という言葉に凄く反応していたのですが、今はそれほど意識しなくなったかもしれません。

その思考の変化に一番影響しているのは、リードを削るようになったことが大きいと思います。

リードは削った方がとても精神的に楽になります。

なぜなら、リードの状態に左右されにくくなるから。

私はレッスンで教える生徒さんが中学生や高校生であっても、必ずその削り方を教えるのですが、教えれば必ず出来る方法なんです。

で、これは何にでも言えることなんですが、『その情報を知っている上でそれを選択しない』のと『その情報を知らなくてそれを選択しない』というのは天と地ほどの差があります。

リードの削り方に関しては、興味がない方も、是非その方法は知っていて欲しいなぁと思います。

リードの育て方

さて、私がリードを開封してから使うまでの流れを紹介したいと思います。

ちなみに2016年8月現在、一番よく使用しているセッティングはB40のマウスピースに石森管楽器のウッドストーンリガチャー総銀製を合わせることが多いです。

ウッドストーンリガチャー
http://www.ishimori-online.jp/product-list/134

※マウスピースやリガチャーは個体差がありますので、必ず試奏して買いましょう。

①リードを選ぶ

私が使っているのはダダリオのレゼルブクラシックの3.5です。
(ドリームリードのレゼルヴクラシック3.5が個人的には凄く好きです。)

削るとだいたい3くらいの厚さになるのですが、厚めの材の方が材自体の密度が高いので、3.5を削るようにしています。

リコ→ダダリオになってから材が少し厚くなったような気がしますが。。

私がよく顔を出す店頭ではもう昔のパッケージは殆ど見かけないですね。

シックブランクを買うときもあります。

バンドーレンもリードケースに必ず入れていますが、トラディショナルを買うことが多いです。

ちなみにリード選びに困っている方はこちらの記事も是非参考にしてみてください。

クラリネットのリードって本当にたくさんの種類があってどれを買えばいいか迷いますよね。 いろんなリードを買って試して自分にあったものを選ぶの...

②リードを開封する

買ってすぐに開封します。

開封までの期間は特に気にしていません。

③リードを削る

リードを削る時に『もう少し削りたい!』という欲が出るものですが、そこはグッと我慢して翌日に持ち越します。

④数日間かけてリードを削っていく

どれだけ削るかというのは本当に個体差があるため厳密には決めていません。

⑤リードの変化をみながら、新しいリードも削る

毎日少しずつ様子を見て対応するのみです。。

⑥ローテーションさせる

私がいつも持ち歩いているリードケースは2つ。

ステッカーやシールを貼って、どっちがどっちか分かるようにしています。

FullSizeRender

ローテンションは、右側に一番使えるものを、左側に新しいものを入れています。

IMG_5174

保管方法

リードの保管にはジップロックを使います。

普通にスーパーで売ってるこれです。

IMG_5167

ジッパーが付いている方が開封が楽なのでオススメです。

FullSizeRender 3

あと、衝撃に対する強度が凄い。
昔は100均のものを使っていましたが、ダメになるのが早いのでジップロックをオススメします。

もし余った場合は魚などを冷凍するのに使えばいいですから。

また、Lサイズだと2個リードケースを入れてもこんな感じですっぽりと納まります。

FullSizeRender 2

一緒にクリーニングペーパーを入れているのは、ここに入れておけば絶対に忘れないから。
(つまりよく何処に入れたか分からなくなるのです。。。)

一緒に入れているのは乾燥防止剤です。

乾燥防止剤の購入についてはこちらの記事にも少し書いているので是非ごらんください。

リードの保管方法▷乾燥防止剤はおトクに手に入れよう!
http://sawakoyoshida.com/archives/840

まとめ

私がリードを買ってから使用するまでに気をつけているのは、ざっくり分けると次の3点です。

・リードをいかに自分が吹きやすい状態に削るか
・湿度管理が出来る場所で保管する
・本番や練習の頻度も考慮してローテンションさせる

以上!

みなさんも良いクラリネットライフをお送りくださいませm(_ _)m

▼おすすめの3記事
これからの時代を生き抜くフリーランスにオススメの本23選!
運動ゼロなのにホントに痩せる!森拓郎さんのダイエットの特徴とおすすめの本
17000円以下で買える!元アパレル店員が演奏家にオススメする安い素敵ドレス4選!

Related Entry

速いテンポでのスタッカートのコツとフレーズの吹き方

リードってどうして保管してる?乾燥防止剤はおトクに手に入れよ...

クラリネット奏者になるとどんな仕事をするのかまとめてみた

レジェールとレジェールシグネチャーを試奏してみた!

クラリネットで音大受験をする時はB♭管だけ持っていればいいの...

【初心者向け】クラリネットのはじめかた