フランス語

ゼロからフランス語を始めるなら仏検受験がおすすめ!

フランス語を勉強し始めた人で『仏検』を受けるかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか?

  • フランス語を勉強するなら、仏検って受けた方がいいの?
  • 仏検を受けるとどんな効果があるの?

こんな風に思っている人のためにこの記事を書きました。

DELFB2受験を前にして今わたしが思うことは『フランス語を始めたばかりの人は仏検受験を利用して学習すると効率が良い』ということです。

なぜそんな風に思うようになったのか?わたしの考えをまとめてみました。

フランス語でフランス語を習い始めたものの・・

わたしは約2年半前にパリに住み始め、同時にフランス語の勉強を始めました。

ちなみに最初に通った語学学校はオペラ地区にあるAAA語学学院という場所です。

【評判】パリのAAA語学学院にフランス語初心者が3ヶ月通った感想2017年の4月からパリに住み始めたのですが、渡仏するまでまったくと言っていいほど、フランス語を勉強してきませんでした。 でも、実...

フランス語を勉強し始めて2年目を迎える頃にDELFのB1を受験し、2年9ヶ月目を迎える今年12月にDELFB2を受ける予定です。

ただ、B2の準備をするにあたり、B2の準備をしながらこれまで習った範囲で理解が曖昧な部分を再度復習し始めたのですが、圧倒的なボキャブラリー不足を感じたのです。

左のテキストに取り組んでいるときにあまりにボキャブラリーのなさに危機を感じました

なるべく短時間でフランス語を学ぶためにはどうすればいいのか?

わたしはこれまで、パリの語学学校にも複数通っていましたし、かなり多くの時間フランス語でフランス語を習ってきました。

そこで学んだことは『本当に分からないことはフランス語で教えてもらっても理解できない』ということでした。

やはり頭のなかでクリアになっていないこと・・つまり『何故そうなるのか』が全く分からないときは日本語で理解した方が分かりやすいことが多々あったのです。

そして、DELFのB2受験まであと4ヶ月ですから、計画的に勉強を進めていかなければいけません。

このような状況のなか『なるべく短時間でフランス語を学ぶためにはどうすればいいのか?』ということを考えたときに、わたしは仏検の教材を利用することにしました。

なぜなら、重要なポイントがまとまっていて問題形式で解けるのでどこが理解出来ていないかがすぐ分かり、詳しい解説も日本語で載っているからです。

そして実際に仏検の問題集を使って自分の弱いところを把握出来るようになりました。

仏検の教材を使ってみて感じたメリットは3つあります。

1.日本語で学ぶことで理解力が深まる

何よりも、やっぱり母国語だとすごく理解しやすいです。

フランス語をフランス語で勉強すると、まず説明文の意味から分からないときもあるので辞書を問題だけでなく解説文を読んでいて分からない単語が出てきたときは辞書を引かなければなりません。

その時間が一切なくなるので、大幅な時間の短縮になります。

特に楽勝!仏検合格講座(5級から1級まであります)は本当に解説が分かりやすく、ひとまず4級〜準1級まで大人買いしました。

わたしは渡仏してからしばらくずっと日本語で書かれた文法テキストを開くことはなかったので、何度も日本語で学ぶとこんなに分かりやすいんだ!と感じました。

created by Rinker
¥14,260
(2019/10/14 02:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

2.ボキャブラリーがしっかり増える

圧倒的なボキャブラリー不足を感じたこともあり、仏検必須単語集を買いました。

3・4級用に書かれている内容でも全然知らないこともたくさんあり、知っている単語でも『こんな意味もあるんだ』と思うことがたくさんありました。

仏検を受験する場合、こういう単語集を利用すれば、受験級に合わせて少しずつボキャブラリーを増やしていきやすいですよね。

仏検必須単語集(準1級・2級用と3・4級用があります)

created by Rinker
¥2,420
(2019/10/14 02:08:55時点 Amazon調べ-詳細)

3.勉強範囲が明確になり、モチベーションを継続できる

仏検は級によって出題範囲が違うので、自分のレベルにあった級を選択することで、勉強しなければいけない部分も明確になります。

また、受験日に向けて勉強の予定を立てることも出来ますよね。

語学学習をする際には自分の性格をよく理解していると学習計画も立てやすくなりますが、わたしの場合何かチャレンジするものがあった方が勉強に身が入ります。

仏検受験はフランス語学習のモチベーションを保つためにもぴったりです。

仏検の年間実施日程・受付期間はこちらからご覧いただけます
http://apefdapf.org/dapf/info/calendrier

さいごに

いま考えても、フランス語をフランス語で学び始めるというのはなかなか大変でした。

同じクラスに日本人がたくさんいたので、分からないことを質問できて良かったのですが、もし彼らがいなかったらどうなっていたか分かりません。

また、英語とフランス語の文法はほぼ同じなのですが、当時は英語も全然できなかったので、文法に関する基礎知識も全くありませんでした。

きっと日本人のいないクラスにいたら本当にわけがわからないまま授業を受けることになっていたと思います。

ちなみに、パリでも仏検を受けることは出来るんですが、どうしても予定と仏検の日程が合う日がなく、受験することは難しそうです💧

ただ、来年の4月には完全帰国するので、日本に帰国したら仏検を受験する予定です。

ぜひこれからフランス語の勉強を始める方は、仏検の受験をしながら勉強を深めていかれることをおすすめします。

ちなみに、わたしのおすすめの参考書はこちらの記事でご覧いただけます。

実際に使って良かった!オススメのフランス語参考書まとめフランス語の参考書ってたくさんあるけどどれを選んだらいいの??って思いますよね? 現在使っている参考書があるけれど、新しいもの...
ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
PICK UP!