アドリブコピー

【アドリブコピー】エディ・ダニエルズ『レッツ・ダンス』

ジャズをする上で大切だと言われることはたくさんあるのですが、そのうちの一つがアドリブをコピーして実際に演奏することです。

コピーをするときには

  • ヴィブラート
  • 音色
  • 音程
  • 息のスピード

など、全ての演奏内容をコピーする必要があります。

そうすることで、演奏者がどんなことに気を配って楽器を演奏しているかということにも気づくことができますし、ジャズを演奏するときに必要なテンポ感を掴むことにも繋がります。

また、ただ演奏するだけでなくどのコードでどんな音を使っているのか?ということを確認したり、楽器で演奏するだけでなく歌って練習したりしています。

この秋から継続してジャズのアドリブソロの演奏をSNSにアップしていこうと思い、今日早速投稿してみました。

まずはスウィング・ジャズ時代の名曲『Let’s dance』を選んでみました。

クラリネットはエディ・ダニエルズ、ヴィブラフォンはゲイリー・バートンです。

この演奏はこちらのCDに入っています。

created by Rinker
ユニバーサル
¥972
(2019/09/18 05:44:41時点 Amazon調べ-詳細)

1930年代に人気を博したスゥイング・ジャズの代表的なクラリネット奏者、ベニー・グッドマンとヴィブラフォン奏者のライオネル・ハンプトンのクラリネット&ヴィブラフォンのチームを継承したCDになっています。

ちなみにベニー・グッドマンが演奏している原曲はかなりテンポも速くガラッと雰囲気も変わってこんな感じになります。

ただ、雰囲気は変わっても曲の魅力は変わらず、そこにはベニー・グッドマンへのリスペクトが感じられます。

スイングを聴いていると、体が自然に踊り出すような気持ちになっていいですね!

ブラジル音楽のアップテンポの曲を演奏しているときの感覚を思い出しました。

これからコツコツと演奏をアップしていきますので、その度にブログではコピーした音源を紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

楽譜はこちらからダウンロードできます

ちなみに基本的にアドリブコピーは耳でアドリブをコピーして(クラシックで言う聴音をして)やる方が良いと思うのですが、

今回コピーしたアドリブは実は既に楽譜があり、こちらからダウンロードできます。(初月無料で2ヶ月以降は月会費がかかるサイトです)

https://www.scribd.com/doc/256914084/Lets-Dance-Eddie-Daniels

今まで耳コピしてきたものや、こうして楽譜が既にあるものも混ぜながらいろいろ演奏をアップしていけたらと思います。

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
PICK UP!