Institut Culturel Italienで弦楽四重奏コンサートを聴いてきました

今夜はイタリア文化会館?みたいな場所に弦楽四重奏のコンサートを聴きに行ってきました。

今日聴いたのは、ブラームスの1番とドヴォルザークの「アメリカ」。

ブラームスはドイツの作曲家。

J.S.バッハ、ベートーヴェンと一緒に、ドイツ音楽における三大Bとも言われているブラームス。

ベートーヴェンを敬愛するあまり弦楽四重奏は40歳になるまで書かなかったし、この作品が完成するまでになんと8年という歳月をかけてます。

うつくしい2楽章が一番好き。楽譜を見ながら曲を聴くのも楽しいですよ〜

(ちなみに、先人たちの偉大な作品が少なかったことから、弦楽六重奏はブラームスが27歳のときに書いてます)

そんなブラームスに才能を見出されたのがドヴォルザークなんですが、彼が作った交響曲第9番『新世界より』の有名なメロディーはみんな必ず知ってるはず。

何かに追われているあなた、ぜひ聴いてみてください。

そんなドヴォルザークが作曲したこの『アメリカ』はとても明るい雰囲気が印象的で、メンバーにもとてもよく合っているように思いました。

どちらも生で聴くのは初めてだったんですが、録音で何回も聴いてたときとはまた違った発見がたくさんあってとても面白かったです。

そして、今夜のコンサート、なんと無料で聴くことが出来ました。

パリでは無料でコンサートを聴ける機会がほんとうにたくさんあります。

もちろんその分、国から芸術に対する補助金が出ていることもありますが、芸術を広めること、のこしていくことに対する意識がやはり違うのかなぁと思います。

日本でも同じようにしろ!とは思いませんが、わたしはみなさんが音楽に触れる機会をつくったり、そこで音楽に親を感じてもらうきっかけづくりが出来たらいいなぁとおもいます。

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事