パリ生活

Lenôtreのガレット・デ・ロワが美味しすぎた話

フランスでは1月6日(公現祭の日)にフランスのガレット・デ・ロワを食べます。

地域によって少し作り方は違うのですが、最も一般的なものはアーモンドクリームが入ったパイ菓子で、中にフェーヴと呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っているものです。

今年は近所にあるLenôtreのガレット・デ・ロワをいただきました。

これで1人用なんですが・・

結構大きいです(苦笑)

切ってみると断面はこんな感じ。

ルノートルの1人用のガレット・デ・ロワにはフェーヴは入っていませんでした。

(お店によっては入っているところもあるみたい)

フランスのお菓子は基本的に大きいし、もし小さくてもすごく砂糖とバターがたっぷり使われているので、半分も食べればもうお腹いっぱい・・となるものも多いんです。

でも、ルノートルのガレット・デ・ロワは本当に上品な甘さでおいしくて・・!!

もう感動しました😭

ルノートルはパリに来たなら一度は立ち寄るべきお店?

ちなみに、わたしはルノートルのことを今日まで全く知らなかったのですが、『お菓子の神様』『フランス菓子の父』と言われたガストン・ルノートル氏が1957年にパリで創設したそう。

ガストン・ルノートル氏はもう亡くなられていますが、ルノートルはパリの中でも最高峰のメゾンの一つなんだとか・・!

今回食べたガレット・デ・ロワもすごくおいしかったし、ルノートルをオススメされていた方に「チョコレートのPâte à tartinerもぜひ!」とご紹介いただいたので、また足を運びたいと思います☺️

Lenôtre(ルノートル)の詳細

店名 Lenôtre ルノートル
ホームページ https://lenotre.com/
地図

 

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
京都府福知山市出身のクラリネット奏者。作曲家。プロデューサー。パリでの3年間の生活を終え、福知山・大阪・東京を拠点に活動中。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
PICK UP!