パリの革命記念日では無料で極上のクラシックを味わえます

パリに来て迎えた7月14日、革命記念日の日。

この日はフランスの人々にとって特別な日であり、朝からシャンゼリゼ通りでパレードが行われ多くの人々で賑わいます。

わたしがいちばん驚いたのは、エッフェル塔の前のジャンドマルス公園で開催されたクラシックのコンサートでした。

お家からエッフェル塔が近いこともあり、今年も行ってきました。

今年はクラリネットのレッスンを受けているパトリック・メッシーナ氏が在籍されているパリ国立管弦楽団が演奏していました。

ジャンドマルス公園はかなり大きな公園なんですが、ほんとうにたくさんの人々が埋め尽くします。

スクリーンも何台もあります。

コンサートのあとには花火があるので、花火目当ての人も多くいて、コンサートが直接聴こえない場所に早くから場所取りをしている人もいました。

この日は公園に入る場所もかなり限定され、入るときは警察官の方々のセキュリティーチェック(荷物チェック)があります。

かなり混雑するので、わたしは演奏をすこし聴いて師匠の姿をスクリーン越しに拝見して、花火は別の場所で見ました。

パリに住んでいる方やこの時期に旅行に来られた方はぜひ一度訪れてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
吉田佐和子
パリ在住の福知山を愛しすぎているクラリネット奏者。京都府福知山市の魅力発信WEBマガジン『ふくてぃーやま』編集長。アルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルで聴いてくださいね。
ファンクラブ募集
by
関連記事