日常生活お役立ち情報

パリのお店でコピー屋さんCOREPを利用する方法

パリでコピーがしたいけど、どこに行けばいいか分からない!って思うことってありますよね?

わたしも過去にそう思って困っていたし、パリに住んでいる人の中にはコピー機が家にないという人もいるでしょう。

そんな人のために、今回はコピーショップを利用する方法をまとめてみました。

利用するコピー屋さんの場所を調べよう

まずはお店を調べます。

日本でコピーをすることは『コピーする』と言いますが、フランス語だと『photocopy(フォトコピー)』と言います。

わたしはCOREPというパリに何店舗かあるチェーン店を利用しました。

他にもCOPY SELFというお店もチェーン店で展開しています。

ちなみにポンピドゥーセンターのの近くにはたくさんコピーのお店がまとまっている場所があります。

COREPの利用の仕方

まずはお店に入ったらカウンターの店員さんにコピーがしたいことを『Je voudrais faire une photocopie(コピーがしたいです)』などの言葉で伝えましょう。

そのときに『je viens d’ici pour la première fois. Que-est ce que je dois faire?(わたしはここに来るのが初めてなんです。どうすればいいですか?)』などと聞くと少しは丁寧に教えてくれると思います。

もし手元にある紙をコピーしたいのであれば、それを見せて話すとコピー機に案内されますし、USBなどデータ化されているものをコピーしたい場合はパソコンに案内されます。

ちなみにわたしが利用したお店COREPには買い切りのカードとチャージ式のカードがありました。

▼買い切りのカード(これは1€=12枚印刷できるカードです)

▼チャージ出来るカード(何度も利用したい場合におすすめ・利用期限制限なし)

普通にコピーをしたい場合は、コピー機の横にあるカードリーダーに最初に買ったカードを入れ、白黒かカラーか?または大きさなどを選びコピーします。

パソコンを使ってUSBに入っているデータを印刷したい場合は、USBはUSBリーダーに差し込んで使います。

このUSBリーダーがパソコンの下や脇などから出ているコードの先にちょこんとついている感じだったので、初めて言ったときは少しわかりにくいかもしれません。

分からなくなったときは近くの人に聞いたり、店員さんを呼びましょう。

印刷する際にはすぐそばのカードリーダーにカードを入れたらOKです。

さいごに

音楽留学でパリに来ている人だと楽譜をコピーしたいときがたくさんあると思うので、わたしはコピー機を買うことをおすすめします。

または、日本から持ってきて変換プラグを使って使用している知人もいました。

created by Rinker
カシムラ
¥316
(2019/09/18 17:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

夏と冬のバーゲンシーズンには安く売っていますし、バーゲン以外の期間でも100€くらいで売っています。

ちなみにパリに引っ越しをする際にぜひ持ってくるのをおすすめしたい物はこちらの記事にまとめていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

パリに移住や音楽留学をする人が日本から持って行くべき持ち物リストパリに住むって決まったら何を準備すればいいの?? 手荷物、空輸便、船便にどう荷物を分ければいいか分からない 絶対持ってい...
ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes・Spotify・YouTubeでお聴きいただけます。ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
PICK UP!