blog

英語学習の必要性

パリで生活する上で使っている言語は基本的にフランス語で、レッスンはもちろんオーケストラの授業などもフランス語で行われることもあり、私は英語よりもフランス語に接している時間が圧倒的に多いです。

この前もロンドンでお仕事をする前に『仕事内容に関するメールのやりとりは英語とフランス語のどちらがいいですか?』と聞かれ、「フランス語でお願いします」と答えてしまったくらい、フランス語の方が私にとって日常的に使う言語になっています。

ただ、フランス語圏でない国に行った時に必要になるのは英語。

英語はオンラインで、フランス語はオフラインとオンラインの両方で勉強を続けていますが、英語とフランス語は文法も似ているし、同時に学んでいて相互作用のある言語だと感じています。


英語で書かれた本とパンフレット

ロンドンから帰ってきて、たまたま世界で活躍する日本人ミュージシャンの英語を聞く機会があり、刺激を受けました。

一人はピアニストの大江千里さん。

大江さんの著書『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』は、ニューヨークのニュースクールで47才からジャズを学ばれている様子が書かれており、クラシックを学んでいる人や留学を考えている人にオススメです。

細かくいろんな授業の内容や千里さんの心境が書いてあるんですが、パリに来てからコンセルヴァトワールで音楽を学ぶ生活は事前に抱いていたイメージと全然違ったので、こういう本のクラシック版があればいいのになぁってすごく思います。

もう一人はジャズ作曲家の挾間美帆さん。

20分くらいのところと、50分くらいのタイミングで彼女が話している英語を聞くことが出来ます。

20分〜曲紹介をされている「Time River」はこのアルバムのタイトル曲でもあるんですが、私は大の挾間さんファンでもあるので、この曲をスペシャルアレンジで聴くことが出来てとても感動しました。

created by Rinker
ユニバーサル
¥2,055
(2019/03/22 08:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

最適な勉強時間とは?

DMM英会話をその月の忙しさも考慮して1日1コマ・2コマ・3コマの中で調整しているんですが、個人的にはやっぱり1日2コマ(計50分)のレッスンは必要だと感じています。

毎日どれくらいの勉強時間が必要かということは人によって違うと思いますが、質も量ももっと沢山必要だなと日々感じています。

さいごに

海外にいると、周りの空気を読むという日本人特有の特技を発揮するべきときも沢山ありますが、同時に『自分の意見をしっかり言う』必要もあると感じています。

シンプルな言葉でもいいので、意見とその意見を持った理由を言えることは、コミュニケーションをとる上でとっても大事。

言語と音楽には密接な関係があるので、フランスで音楽を本当の意味で学ぶならフランス語の理解も必須だと感じていますが、私にとっては英語もフランス語もどちらも大切な言語だということを改めて感じている日々です。

ABOUT ME
吉田佐和子
吉田佐和子
パリ在住のクラリネット奏者。京都府福知山市出身。オリジナルアルバム収録曲はiTunes,Spotify,YouTubeチャンネルでお聴きいただけます。使用楽器はYCL-SE Artist Model♫ブログではクラリネットのことや日々の様子を綴っています。
関連記事